大塚和也写真展「Blanks」

大塚和也写真展「Blanks」

2019.1.8 (tue) – 2019.1.20 (sun)
12:00 – 19:00

会期中無休
レセプションパーティー:1.12 (sat) 18 : 00 –
作家在廊日:会期中の毎週 土、日曜日 および 祝日(作品解説を行います)

本作は、フラッシュや露出オーバーなどのカメラ特有の技法や特性を駆使して、街中に点在している人工物や自然物から、それらが担わされている意味を剥奪し、その存在を白紙に戻すことを企図したシリーズです。
そうして、白い面とその輪郭が占めるタイトル通りの“空白”に還元された物体は、「ただ、そこに存在している」という、それらが本来持っている純粋性を改めて取り戻すと同時に、その存在感を更に強調する形で画面上に現出していると捉えています。

This work uses the techniques and characteristics peculiar to the camera such as flash and overexposed to deprive the artificial objects and natural objects scattered throughout the city and to make their existence blank It is a series intended to return.
Then, the white surface and the object reduced to the “blank” as the title occupies by the contour will regain the purity that they originally have, “just exists there” I think that it appears on the screen in a form that further emphasizes its presence.