稲垣英孝写真展「Chill Out」

稲垣英孝写真展「Chill Out」

4.30(tue)-5.12(sun)
12:00-19:00
会期中無休
トークイベント:4.30(tue) 16:00-17:00

例えば、横断歩道の白線の上だけを伝い歩く、正体不明の思いつき。ある種の自由や安息を伴った、ひとりだけの時間にやってくる開放感や高揚感、没入感のようなものを、写真のなかに表現する。

明るいが少しくすんだ色。強調したアウトフォーカスは、鑑賞者のものの見方に、いつもとは違う閃きを与えるために仕掛けた装置だ。

実在する何かしらが写る写真から、ごく当たり前に読み解かれる固有名詞をかき消したとき、そこに浮かぶのが見る人なりの本質的なものの捉え方だと思う。

レンズが「焦点」を結ぶところに、人の「視点」が結ばれるとはかぎらない。情報過多で見失った創造性が個に還り、その人なりの記憶や経験でものごとを捉えるきっかけを、作品のなかに見出してもらいたい。

作者プロフィール
1974年三重県生まれ
1998年大阪芸術大学芸術学部写真学科卒 学長賞受賞
個展:Resurrection Spell(エプソンイメージングギャラリーepSITE 2018)

作者ホームページ
https://www.hidetakainagaki.net/